宇都宮戸祭教室

生徒の夢の実現のために全力で立ち向かいます。

今朝は世にも恐ろしい夢で目が覚めました。

自分の寝ているふとんの一面に

自分の抜けた体毛が敷き詰められていたのです。

ふとんの白い色が見えないくらい

もじゃもじゃと、

夢の中では、

なぜか、

「あ、抜けた」くらいの

軽い感じで、当然のことのように、

思っていました。

 

しかし、その「当然のことのように」を、

おかしく思う自分もいました。

夢の中の自分に対して、

「いや、そりゃおかしいだろ」

と突っ込む自分もいたのです。(?)

 

意味がわからないですよね。

 

あー、恐ろしや。

ブログ一覧へ戻る