定期テストにこだわる

定期テストにこだわる、「+16時間のテスト対策」

 テストの前にはどこの塾でも「テスト対策」を実施しています。しかし、その内容には大きな差があるようです。通常授業を「テスト対策」という名前に変えただけだったり、別に多額の費用がかかったり、ワークやプリントの自習だったり・・・など、いろいろなお話を聞いています。あなたの塾はどうでしょうか。

 生徒たちにとって「学校の成績を上げること」は大きな目標の一つです。定期テストへの対応が不十分な塾では、塾へ行っても学校の成績が十分に伸びないという現実に直面することになります。学校の成績が上がらない言い訳に、「塾では受験のための真の学力を育成しています。」と言われても誰も納得できないでしょう。

 スタディー・フィールドでは各中学校のテスト日程や範囲に応じ緻密な授業計画のもとに「テスト対策」を実施しております。

 毎回の通常授業をテスト対応に切り替えるのはもちろんのこと、これとは別に土曜・日曜・祝日等に追加の授業を編成しております。今年度は全学年「4時間×4日=16時間」のテスト対策授業を編成いたしました。

 もちろん追加の費用は一切いただいておりません。